改修とは

リフォームとは、改築・修繕・補修など、既存の建物を作り変える工事全般をいい、和製英語である。
建物の老朽化に伴って修復工事を行うことと、家族構成が変わるなどして暮らし方が変わった時に必要なところだけを変える改築工事などがある。
新築とは違って既存の建物を修繕や補修などをすることだけなので、料金は新築よりもやや安くなる。
リフォームと同じような使い方をされ、明確な区別がされにくくなったリノベーションがある。

リフォームは、新築よりも後期期間が短くて済むので、諸費用を加えた総予算が建て替えと比較して安くすることができる。
住んでみて初めて分かった不便なところを自分好みにアレンジできる、建て替え用としても建築基準法によって今よりも小さな家になることがあるのでそのままの大きさで暮らすことができるな利点が多い。

新築やリフォームの際に、フロアコーティングを施しておくと床面の劣化を防ぐ事が出来る。
床面は、水気や傷によって少しずつダメージを蓄積させていく。
フロアコーティングは、床材の表面に保護膜を作り、傷や衝撃から保護する役割を果たすのである。
フロアコーティングで膜を張る事で、普段の掃除の手間も少なくなると言った利点もある。
ガラスコーティングは、フロアコーティングの一種であり、特に優れた性能を発揮するコーティング法である。

ガラスコーティングは、床面だけでなく外壁などにも有効である。自動車のコーティングとしてもガラスコーティングを使用する人も増えている。
耐水性に優れているため、水周りのリフォームの際にガラスコーティングが採用される事も多い。

関連リンク